イベントいっぱい!”EZO”の冬はHappy!
朝飛の部屋Vol.15 #04

レバンガ北海道

朝飛の部屋Vol.15

キャプテン
多嶋 朝飛 選手
PG 背番号8
1988年生まれ、帯広市出身。東海大学を経てリンク栃木ブレックスに入団。2013年にレバンガ北海道へ移籍。
173cm、73kg

川邉 亮平選手
SF 背番号17
1995年生まれ、富山県出身。白鴎大学を卒業後、2017年レバンガ北海道に入団。188cm、90kg

関野 剛平選手
SG/SF 背番号1
1994年生まれ、北海道出身。東海大学を卒業後、2017年レバンガ北海道に入団。
183cm、80kg

激しい戦いを繰り広げているレバンガ北海道の選手たち。当たり負けしないために必要な強いフィジカルを持つ選手はどのような食事をしているのか。今回は多嶋選手、関野選手、川邉選手の3人にお気に入りご飯を教えてもらいました!

#8 多嶋 朝飛 選手   Asahi Tajima
豚しゃぶ
しゃぶしゃぶは、プロになってから好んで食べるようになりました。お肉と野菜をバランス良く摂れるし、バスケのシーズンは冬なので、身体を温めてくれるものが嬉しいです。

ザンギ
ザンギは今でも実家に帰ると母が必ず出してくれます。小さい時から好物で、まさに母の味ですね!

#1 関野 剛平 選手   Kohei Sekino

牡蠣の酒蒸しとホタテのお刺身
実家が牡蠣とホタテの養殖業をやっていて、誕生日は夏(8月)なのでホタテ、クリスマスは牡蠣が食卓に並んでいました。なんだかんだでその2つが1番美味しいですね!

#17 川邉 亮平 選手 Ryohei Kawabe

すき焼き
大学進学で家を出てから、実家に帰ると家族がすき焼きで迎えてくれます。川邉家は牛肉派!お肉はもちろん、豆腐や白菜とかの定番の具材が好きです。

 
この記事が気に入ったらシェアしよう!

特集記事

運営会社 : 株式会社リージョナルマーケティング
〒002-8003 北海道札幌市北区太平3条1丁目2-18
お問い合わせ